そういう事か。。

15日まで、お休みと聞いていたのだが、聞き間違いで、16日までの休みだったようだ。

予定がだいぶ狂い、16日は、出勤だったはずなので、休みの電話を掛けた。

一日延びたのて、限界の感じだった。15日は、お盆最後の日だと思い、お墓詣りに出かけた。

折しも、高温状態の天気だったので、少しの渋滞でも、耐えられない位の不快な暑さだった。

河童橋は、相変わらず、大変な人で、外国の人が多かった。

お寺は、あの喧噪な周囲とは違い、とても静かな空間で、都会とは思えない。

樹木の中に、クルミの木があって、たわわに実をつけていた。

銀杏も小さいのが沢山実っていた。

このお寺と関わりがなくなるのかと、少し考えてしまった。

亡き兄が、〇〇子に頼むからねと言っていた。だが、私は、それをどうしようというのか。。。。

どうにも出来ないのだが。。。

妹がお位牌を守っている。

それだけだ。。。

同居人は、とても機嫌が良く、まあ、私が何も言わないからだが。。。。

帰りに、大きなスーパーに寄ろうと言って、少し足を延ばして行った。

帰宅してからは、私の家事が始まり、洗濯や、ご飯作りにと、休む間もなくという事をしたのだが、

食事が終わってから、体が動かず、とても具合が悪くなっていた。

しかし、同居人には言いたくなくて、其々の自室にこもった。

お風呂の前に、少し書類をみようと思って、手に取ったのだが、ある部分について、全く見えなくなっていた。

例えば、オレンジジュースと書かれていたとすると、オレンジの部分が何も見えず、ジュースしか見えない。

少し、目を横にすると、オレンジという文字が確認できる。

えええ〜〜これは何????脳腫瘍か???脳出血か??と、パニクる私。

目の斜め上辺りに、何かが光り輝き飛ぶ。。

こめかみ当たりの中がズキンズキンと痛い。

私の、体がついに、、ついに、、壊れてきたとパニクる私。

目が見えなくなったら、今のような生活は出来ない。

たった今、私がしようとしている事も出来なくなる。

大変慌てて、A4の紙に、銀行の支払いとか、クレジットカードの残額を、書いて分かりやすいように椅子の上に置いた。

やっぱり、私の方が負けたのだなと、観念をした感じだった。

相手を責める気持ちの余裕はなく、ただ、自分の事を考えていた。

はっきりと自覚したのは、私は完全に相手に負けたと言う事だ。

今迄のすべての事柄について、受け入れていた私が、馬鹿であり、行動をしていなかっただけで、

だから、今があるのだなと自覚した。

とても悲しくなり、涙が出そうになった。

出そうになる位、悲しい気持ちになったのだが、泣いてもどうにもならないという気持ちの方が強かった。

泣いても解決しないし、変な目の感じも治らない。

誰かを責めても、責めたら治るわけではない。

やはり、自分の責任なんだなと、心から思った。

周囲に置いてある様々な物がすべて、無意味に思えた。

片付けようと思っていたのだが、それはどうでも良く、私が消えたら、捨てれば目の前から無くなるだけだ。

今朝は、早く起床して、お仏壇の世話をしてから、家を出た。

同居人には、何も言わずに家を出た。

いつもの病院の眼科に出かけた。

早かったので、すいていて、午前中で診察が終わった。

診察の前に、視力の検査をしたが、今の眼鏡があっていないようだ。、

瞳孔を広げる検査もできると 言われたので、検査をした。

結果は、閃輝暗点の可能性のようだった。

結局、疲れとか、ストレスが原因でこういう事が起きる事があるらしい。

私は、思い当たることがあるので、納得気味だ。

私は、誰かに勝とうという競争心が、まったくない。

自分の人生も、相手があり、思うようにいかずに、屈辱や、悔しさや、悲しさを沢山投げられたが、

こらしめようとか、相手に負けずにやりかえそうとか、勝とうという気持ちになれない。

ただ、事実として、私は人生に負けて、沢山ほしかったお金にも縁がなく、でも、自暴自棄になるような心境にもなれない。。